非正規社員にとって求人募集って人生がかかった重大なイベントです。年齢を重ねることにより、求人枠が狭まります。

しっかりと考えて求人をみる

どうして年齢が壁になる求人募集

私は非正規社員です。現在はIT関連の職に就いています。年齢は51歳です。妻と小学生の子供の3人で暮らしています。現在の契約が終了したらと思うとゾッとします。今の仕事に就くまでには年齢の壁を痛感しました。40歳代でも大変であったのに50歳を越えてしまった今、次の仕事に就けるかどうかとても心配になります。そのせいか今年の8月頃ストレス性の突発性顔面麻痺になってしまいました。今も後遺症に病まされています。今度の春頃には確実に今の業務が終了してしまうので、求人活動が現実のものとなります。

以前、リーマンショックの影響で求人が全くなかった時は最悪でした。求人の案件があっても、まず年齢でNGとなり面接にも至ることができなかった案件が何件もありました。経験なども考慮しない理不尽な募集でした。もうその頃はIT関連の仕事は無理と思い、全く別の仕事に就きました。収入もIT関連と比べ40%減となってしまいました。現在はそこまで求人の案件がないようですが、年齢の壁はなくなっていないと思います。

どんどん若い人の人口が少なくなって行く現在、高齢者、女性のもっと採用することが必要だと思います。それと供に国内の産業が、もっと活気づかないといけないと思います。

Copyright (C)2017しっかりと考えて求人をみる.All rights reserved.